汚泥のリサイクル
スーパーや食品工場などから出る生ゴミなどを良質堆肥化し、その堆肥を農産物生産に活用。
生産農家から消費者までの農産物の新しいサイクルを構築し、食の安全・安心を守るシステムです。
また、高い発酵技術は、安全な肥料や飼料を生み、安全な食べ物へとつながっていきます。収穫した農産物をスーパーで販売するというような有機性廃棄物リサイクルシステムと農業生産流通を一体化した環境調和型のスマートモデルは、
食品リサイクル法にも対応しています。

有機性廃棄物リサイクルシステムで処理できるもの

有機物、生ゴミ(割り箸、肉や魚の骨)、動植物性残渣、畜産物排泄物、生分解性ビニール、酒、焼酎のカスなど

有機性廃棄物リサイクルの重要性

2001年「循環型社会形成推進基本法」の施行により、産廃物の適正処理や資源としてのリサイクルの推進、
循環型社会の形成に向けての流れは加速し、以前よりも技術開発が盛んに行われるようになりました。
そのおかげで、産業廃棄物の発生・排出量は少しずつ減少傾向にあるのですが、産業廃棄物を私たちの大切な資源として再利用していき、循環型社会の形成への取り組みを継続していくことが、今後の私たち重要な責務となります。

汚泥のリサイクル

フォークリフト
フォークリフト
フォークリフトで慎重に汚泥を回収します。
手作業で回収
手作業で回収
回収残しがないように手作業で丁寧に回収します。
掃除
掃除
回収後は臭いや汚れが残らないようにしっかり掃除することを徹底しています。
リサイクル
リサイクル
汚泥も種類によって最適なリサイクル手段をご提案。今回は肥料としてリサイクルします。
汚泥回収
汚泥回収
6t・8tアームロール車を保有しており、大量の汚泥も回収可能です。
掃除
掃除
しっかり掃除して次の回収時に廃棄物が混じらないよう注意しています。

サービスフロー

STEP1

電話、メール、FAXにてお問い合わせ
電話

STEP2

弊社担当者がご訪問後、産業廃棄物及び資源物に関して現状のヒアリング及び現場確認、サンプル確認
ヒアリング

STEP3

必要に応じて各種書類の提供(分析票、MSDS、WDSなど)

STEP4

貴社よりお伺いした情報を基に、最適なプランをオーダーメイドで構成してお見積書を作成してご提案いたします。

STEP5

産業廃棄物処理法に基づく「委託契約書」及び「支払いに関する覚書」の締結

STEP6

マニフェスト伝票を発行し、収集・処理業務の実務運用を行います。
ご要望に応じて電子マニフェストにも対応いたします。

STEP7

弊社で継続的な維持・管理

お気軽にお問い合わせください!

043-312-5858